2015年09月02日 (水) | Edit |

土曜日に映画を見てきました。

見た映画は・・・・

『 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 』


アニメ・ゲーム好きとしては、もちろん既にマンガ&アニメ版を見てますが
実写になったらどうなるのか・・・とても気になりましたw







l_wk_150417shingeki01.jpg

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN


「解説」
人間を捕食する巨人と人類との壮絶な戦いを描いた諫山創の人気コミックを基に、『巨神兵東京に現わる 劇場版』などの樋口真嗣が実写映画化したアクション大作。100年以上前に出現した巨人が巨大な壁をぶち破り、再び侵攻してきたことから、巨人対人類のバトルが繰り広げられる。エレンを『真夜中の五分前』などの三浦春馬が演じるほか、長谷川博己、水原希子、石原さとみ、國村隼といったキャスト陣が集結。原作にはないキャラクターも登場するなど劇場版ならではの展開や、巨人のビジュアルやすさまじいバトルの描写も見どころ。


「あらすじ」
100年以上前、人間を捕食する巨人が現れ、人類のほとんどが食べられてしまった。生き残った者たちは巨人の侵攻を阻止すべく巨大な壁を3重に作り上げ、壁の内側で暮らしていた。エレン(三浦春馬)やミカサ(水原希子)もそんな中の一人だった。そんなある日、100年壊されなかった壁が巨人によって破壊されてしまう。


「専門家による映画レポート」
 鳴り物入りのハリウッド大作が居並ぶ今年のサマーシーズン、映画ファンの“期待”と“不安”を最もかき立てているのが本作だろう。国内外で社会現象的ブームを巻き起こしたコミック&TVアニメの実写映画化。前後編の2部作とはいえ、原作の緻密な世界観&キャラクター描写をすべて受け継ぐのは到底不可能だ。例えば主人公エレンは、少年時代に母親を巨人に食われたトラウマのエピソードが省略され、やり場のない苛立ちを抱えながら“壁”の外に憧れる若者として描かれている。

 巨人の描写に関しては申し分ない仕上がりだ。序盤に出現する筋肉組織が剥き出しの超大型巨人、その異形の風貌と迫力に圧倒され、ただ愕然とスクリーンを見上げずにいられない。その後ぞろぞろと壁の内側に侵入してくる通常サイズの巨人たちは、呆けたような表情で人間たちを食べて食べまくる。這いずり巨人、女巨人、赤ちゃん巨人まで登場させ、この世界観の揺るぎない根幹である“とてつもなく巨大で理不尽な脅威”の映像化は成功したと言えるだろう。軍艦島ロケの効果も上々だ。

 その半面、物足りなかった点もある。とりわけアニメ版では人類が巨人という“理不尽な脅威”に対抗するため、憲兵団や調査兵団が特定のミッションに挑む様が長大なシークエンスとして描かれ、集団活劇としての手に汗握るスリルを呼んだ。同時に、それらの難易度の高いミッションの成否がこの世界における絶望と希望の分かれ目となり、登場人物の死に物狂いの頑張りが共感を誘った。その点、今回の実写版でも超大型巨人に破壊された壁を塞ぐミッションが軸になっているものの、行き当たりばったりにクライマックスになだれ込んでいく印象がぬぐえない。立体起動装置を駆使した飛翔アクションが、せっかくの実写化でありながらアニメのように見えたのも微妙だった。

 しかしながらミッションはまだ道半ばであり、人類の“反撃”はこれからである。はたしてエレンらは調査兵団として“壁の外”に飛び出すのか。そんな今後の展開への想像もあれこれ膨らまされる前編だった。


(以上、ネット情報より引用)




一応、映画を見に行く前に軽く、事前情報として見てみたら・・・・
駄作!本家と全然違う!などの厳しい声が沢山ありましたw
じゃぁそういう映画なんだろうな~ と思って実際見てみたら・・・・

「そんなに悪くないんじゃない?」と思いました。
巨人に対する恐怖やマンガ版、原作を再現できているかなど見てましたが
映画のはじまりが既に別物語w
進撃じゃない別映画を見てる感じでした。
そして見ていると・・・巨人出現。ここへきて ああ、進撃だよね という感覚w


main_large.jpg



そして物語中盤、巨人との戦闘シーンでは
あれ?ここ原作でもあったよね という部分的に本家に沿うなど
ちょいちょい、本家パクり?という感じのシーンがありました。

ただ、それにしても・・・オリジナルキャラが多い!w

titan.jpg
中央右=エレン
中央左=(映画内の名前は)シキシマ隊長(=原作ではおそらくリヴァイ位置?)
エレンの右側=ミカサ(マフラー)
ミカサの右側=アルミン(黒髪)
アルミンの右側=サシャ(芋女) 映画内でもずっと食べてます
アルミンの下=座ってる男性=コニー=原作で坊主の男の子=映画版では大きくなっちゃいましたが
中央二人の左側=腕組んでる人=ジャン  映画内でもチキン具合が描画されてます
ジャンの左側=序盤に出てくる、警備のおっちゃん的な人
ジャンの左下3人=女性2+男性1=オリジナルキャラ
ジャンの右下=座ってるメガネ女性=石原さとみ=ハンジ
(集合写真に写ってないオリジナルキャラ多数)



マンガ版に出るキャラクターとは別の新キャラと思えば見れない事はないですが
原作廚の方からしちゃうと、本家に出てるキャラ以外出さないでほしい とか思うんでしょうね。

私は別にかまいませんでしたが、オリジナルキャラが多いと
そういう原作との違いにより別映画と感じてしまう所も出てきちゃうでしょうね!

まだ進撃実写化1本目ですが、既に次回作の告知が、1本目の最後に入ってました。
はたして進撃ブームが終わっても、進撃映画2を見に行く人がいるのかどうか・・・・w


進撃の巨人 をそのまま実写化! ではなく
進撃の巨人 をベースにした映画! と思ってみれば、楽しめるのではないかなと思います。



《おまけコーナー  軽くネタバレ!w》

・調査兵団に入る前、ミカサ、壁の穴から入ってきた巨人に食われます。
 その後、調査兵団に入り原作通りの超人に。
・映画版は結構グロいです。グロ苦手な方はご注意をw
・巨人が壁になったという原作と違い、映画版は、人間が3枚の壁を作った。
・調査兵団に入る訓練の描画は全てカット。兵団に入ると決意した後、即座に訓練終了場面から。
・映画終了後の映画2告知により2部編成なのはわかるが、2部終了時どこまでまとめれるか不安w
・「心臓を捧げよ!(ドンッ)」の場面は1回だけ。
・エレンが巨人になったのは1回だけ。
・映画になっているのは、超大型巨人が壁に穴をあける少し前~エレンが初めて巨人になった所 まで。







スポンサーサイト
2015年05月30日 (土) | Edit |




映画 「脳内ポイズンベリー」 

poster2.jpg





post.png




(ネットから説明抜粋)

テレビドラマ「失恋ショコラティエ」などで知られる水城せとなの人気コミックを実写映画化。7歳下の男性と年上の男性とのややこしい関係に苦悩するアラサー女性の脳内世界で、さまざまな役割を持つ脳内会議メンバーが討論を繰り広げるという異色の設定で描く。ヒロインは真木よう子、彼女の脳内世界で会議を取りまとめる議長役にテレビドラマ「MOZU」で真木と共演した西島秀俊。そのほか古川雄輝、神木隆之介、浅野和之ら、多彩なキャストが集結。



【あらすじ】
携帯小説家の櫻井いちこ(真木よう子)は、飲み会で同席して以降興味を惹(ひ)かれる年下の早乙女(古川雄輝)と偶然再会。声を掛けるか否か、彼女の脳内ではいろいろな役割を持つメンバーが会議を繰り広げ、議長の吉田(西島秀俊)が取りまとめた結果、早乙女を食事に誘うという結論に。その後交際に至るも、双方の誤解や彼の元恋人の登場などで疲れ果てたいちこは、編集者の越智(成河)からもアプローチされ……。


映画 『脳内ポイズンベリー』 公式サイト






映画を見る前の事前情報としては、「脳内会議?」という映画でどう表現するのか
気になる内容でしたので興味を持って見に行きました。

私自身、「興味無い映画は見ない」派ではなく、
「映画はどれも面白い」という派。
見たい映画だけを見るわけではないスタイルなので自然と楽しめました。

映画記事では恒例の・・・
『ネタバレになるのであまり内容には触れないようにしよう!』 でw


脳内ポイズンベリー というタイトルからすると
パッと見、「売れてないB級映画」風に聞こえるタイトル(失礼!w)ですが
実際見てみると、人気のある作品だと分かります。

今回もいつも通りの流れで・・・

①映画を見る

②初見で映画見た感想を持つ

③映画を見た後、家で ネタバレやネットでの記事を見て謎を解き納得

④スッキリ終わる!


という!
原作漫画読みたくなったー(*´ω`*)



うー、内容の感想書きたいけどネタバレになっちゃう。(うずうず
ラストが~ うーんうーん!

映画自体はとても面白いので是非見て下さい!
2013年12月02日 (月) | Edit |
映画を見てきました~ヾ(・ェ・。)ノ

今回見た映画は・・・

『劇場版SPEC 〜結(クローズ)〜 漸(ゼン)ノ篇』

元々は違う映画を見る予定でしたが、
上映時間等の関係で、
「今まで一度もドラマを見ておらず
過去の劇場版も見ておらず、CMでしか存在を知らなかった」、『SPEC』を見てみました。

そして初めて見るもので且つ「前編のみ」を見てモヤモヤとしたまま帰るのもあれなんで

ドラマを1から全然見てないのにいきなり、

『劇場版SPEC 〜結(クローズ)〜 漸(ゼン)ノ篇』
『劇場版SPEC 〜結(クローズ)〜 爻(コウ)ノ篇』

前編&後編両方見てみました!


m_kou.jpg 

『劇場版SPEC』公式サイト



≪SPECについて&完結編の簡単なあらすじ≫引用

「SPEC」と呼ばれる特殊能力をもった犯罪者と、警視庁公安部の対決を描く戸田恵梨香、加瀬 亮W主演の人気シリーズ。
今秋公開される前後編の劇場版最新作で、ついに謎多き物語が完結する。
監督は『ケイゾク』の堤 幸彦。主人公の当麻紗綾は、天才を通り越してもはや変人の域に達するIQ201の特殊捜査官。
相棒の瀬文焚流は、警視庁特殊部隊出身の武闘派だ。前作『劇場版SPEC~天~』では、
宿敵ニノマエとの死闘の末、瀕死の重傷を追った瀬文。絶叫する当麻の祈りが通じたのか、
辛くも一命は取り留めたものの、世界は刻々と破滅へと向かっていた。

完結編では、物語の鍵を握る「ファティマ第三の予言」を始め、すべての謎が解き明かされる。
果たして、人類に未来はあるのか。当麻に宿ったSPECが覚醒するとき、最終章の幕が開く……。
共演に向井 理、大島優子ほか、歴代のSPECホルダーも出演。
予測不可能な展開と、スタイリッシュな堤演出が生み出す個性的なキャラクターの競演に期待して!



いきなり劇場版で完結編を見る事になりましたが・・・

楽しめました!w

ドラマ版を見てないせいか話が繋がらない部分もありましたが、
それは今までに見たアニメやゲームなどのマンガ脳を使って補完w
ネット上で感想の言い合いをするような場所でちょっと見てみて、
符に落ちなかった部分等を理解。
だいたい映画を見た自分の解釈であってましたが、残った謎も少しだけあり
そこは謎のまま という感じ。

1本の映画として当初は作られたようですが通常より長くなってしまったようで
1本1時間半ほどの2部編成になったようです。
(前編95分 後編90分。パンフレットより)

数々の俳優女優さんの特別出演などもあり楽しめました。
謎が多かったり、見た人の理解にまかせる描写も多く
前編から後編途中まではストーリーに沿って楽しめましたが
後編ラストでは視聴者の理解度が特に必要な作品でした。
製作側の意図はわからないので、見た側で考えるしかないようで。

オススメする映画!となるかわかりませんが、
ドラマ版SPECを見た人で、完結編を見たいような方ならばオススメです。

映画の内容を知りたい方、ネタバレ希望な方は以下のサイトより
『1分で分かるネタバレ』サイト


別件。
クリスマス向けの映画の告知・宣伝などもあり
今月下旬あたりにそちらを見に行く流れになりそうです。


2013年09月02日 (月) | Edit |
8/29に誕生日を迎えました~ヽ(*'ω')ノ
頂き物、お祝いなどありましたがえーと、省略~

9/1 日曜日に、映画ガッチャマンを見てきましたー

20130902_1.jpg 

あらすじ
(映画ガッチャマンwikiより)

西暦2050年代。突如現れた謎の組織ギャラクターは全世界に宣戦布告を行い、
わずか17日で地球の半分を占領した。
人類は不思議な結晶体である石に人類絶滅阻止をかけることになり、
それを受けて国際科学技術庁の南部博士は、
約800万人に1人といわれるその石の能力を引き出せる適合者探しを開始する。
南部博士は適合者5人を探し出した上で施設に強制収容し、究極の兵器になるよう訓練を行う。
そして究極の兵器に変身した5人はガッチャマンと名乗り、ギャラクターに立ち向かうのであった。




映画を見た後、ネット上などで「映画ガッチャマンは大コケ」という酷評を知りました。
一応、アクション映画?として「大コケ情報」なしで見た感じとしては
楽しめたと思いますが・・w
ただやはり、つっこみ所は多かったですねw

最後の終わり方からして・・・「ガッチャマン2」も出してきそうな感じです。
(ガッチャマンの一人が敵になる という設定で。)
(↑はポスターの「正義か悪か」の文字で容易に想像できると思うのでw)



映画が始まるまで時間があったので、
野外でミニライブをやってたのでそれも見てきました~
20130902_2.jpg 
とても歌の上手いお姉さんでしたw
えーと・・非常に申し訳ないのですが、名前忘れました!
静岡拠点のようなので、県内の方はどこかで見かける事もあるかも?

2013年07月15日 (月) | Edit |
7/14日曜日に、映画を見てきました
「100回泣くこと」

img_498312_9362261_0.jpg 

ネット上に上がっている映画のあらすじ。


4年前のバイク事故で逆行性健忘症を患い、事故以前1年間の記憶を失った藤井(大倉忠義)は、恋人の佳美(桐谷美玲)に関する記憶がぽっかりと消えていた。
ところが、共通の友人であるムース(忍成修吾)とバッハ(波瑠)の結婚式に出席したことをきっかけに、2人は運命の再会を果たす。初めて出会ったはずの佳美に自然と惹かれた藤井は、ずっと乗っていなかったバイクの修理に彼女を誘い、距離が接近。

やがて、藤井の記憶は戻らないまま、止まっていた時が動き出すように、2人は再び付き合い始めるのだった。だが、4年間ずっと待ち続けていたはずの佳美は、かつて恋人同士だった事実を藤井に打ち明けようとしない。一方、佳美に強く惹かれた藤井は“突然だけど、結婚しよう”とプロポーズ。それを受けた佳美だったが、“1年間、結婚の練習をしよう”と条件を付けて一緒に暮らし始める。穏やかに過ぎてゆく2人の生活。街角の小さな教会でのたどたどしい愛の言葉と誓いのキス、佳美が熱を出した時、藤井が渾身の力を出して踊ってくれた“解熱の舞”……。ささやかながら、満ち足りた幸せがこのままずっと続くと思っていた頃、佳美に病魔が忍び寄る。

ある日、佳美は“実家の父親の具合が悪いから”と家を出たまま帰ってこなくなってしまう。佳美の言葉に何の疑いも持たなかった藤井だったが、久しぶりに帰った実家で見つけた手紙をきっかけに、4年前も自分たちが付き合っていた事実を知る。さらに、佳美の親友、夏子(ともさかりえ)から彼女の現状を聞き、バイクを飛ばす。なぜ、佳美は“結婚まで1年”と答えたのか……。なぜ、かつて2人が付き合っていたことを明かさなかったのか……。藤井の失われた記憶の中には、佳美への深い愛と、あまりにも切ない真実が隠されていた……。





向井理さん主演の「きいろいゾウ」、
嵐の二ノ宮さん主演の「プラチナデータ」に続き、

関ジャニ∞の大倉さん主演の「100回泣くこと」を見てきました。
大倉さん=TVの関ジャニ番組の太鼓の達人のパーフェクトの人w


今回の映画は良いストーリーだったと思います。
主人公やヒロインの境遇が「もし自分だったら」となると
結構考えさせられる物語でした。
あまり書くとネタバレになるので、映画記事に関しては文字少なめで行きます。

シリアスストーリーなんだけど、一部笑いのポイントも入ってたりw
そしてもちろん感動モノなんで、ラストは感動シーンです。
アクション系が好きな自分でも楽しめました。 これはおすすめ!


オススメ度
★★★★☆

2013年02月15日 (金) | Edit |

昨日はバレンタインでしたね~

夜は映画を見に行きました~~


見た映画はコレ!

20130215_1.jpg 

映画:きいろいゾウ
主演:向井理&宮崎あおい

2/14の夜でしたが、その日はなんと通常価格より安く
映画1本1000円で見れちゃうという日でしたー

感想はネタバレになっちゃうので書きませんが
うーん・・・w まぁ見ればわかりまスw


映画情報の中にあった、
トラと過ごした少年の映画見たいなぁ~