--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年08月30日 (火) | Edit |

3次職スキル調整テスト 内容


まとめ書き出し

(詳細ページは記事最下にあります)

↓↓↓↓↓


3次職スキル調整テスト 内容


まとめ書き出し

【ATKによる物理攻撃力計算式の修正】
・ダメージ計算式が変更され、最大ダメージは減少したものの、高攻撃力になるほどダメージの振れ幅が減少。
・武器レベルの依存度はこれまでどおり高いものの、Dexによる底上げがより重要になり、武器レベルが高いほどダメージの振れ幅が大きくなるため、安定させるには高Dexが必要になる。
・逆に低レベルではダメージの“安定度”が増し、低Dexである場合、カードなどによる威力の倍率アップにより安定した高ダメージが期待できる。
・いわゆる“Strペナルティ”と呼ばれているシステムは維持。ただし、武器レベルが低いほどその要求Strは大幅に低くなるとのこと。例えば同じ“武器Atk”の武器であれば武器レベルが低いほど低Str、低Dexでダメージが安定し、強くなることもあるという。ただし精錬によるダメージボーナスは武器レベルが高いほど強いので、一概にどの武器が強いとは言えなくなっている


【Matkによる魔法攻撃計算式の修正】
・武器によるMatkが基本となるこれまでの仕様は維持するものの、計算式を変更し、高攻撃力になるほどダメージの振れ幅が小さくなる。
・Dexによって最低ダメージがアップする計算式になったため、ステータスの割り振りがより重要に。
・ヒールに関してもDexで回復量が安定するようになる。
・テストにおいて現行以外の武器にMatkの追加はない。が、武器にMatkを追加するという計画に変わりはなく、順次追加していく計画に変更はない。ただし、Matk計算式が確定しないことには追加が行えないため、今回のテストの結果が反映されるなどして計算式が確定したあとに追加を考えていくことになるとのこと。
・計算式は現行の武器Matkを考慮したものになっており、武器Matkの数値は現行サーバのものを変更はしない予定。




【制限スキルについて】
■ロイヤルガード
「リフレクトダメージ」全マップで使用不可 → 解禁
「オーバーブランド」全マップで使用不可 → 解禁
「インスピレーション」全マップで使用不可 → 解禁
「アースドライブ」攻城戦・ギルドダンジョン以外で使用不可 → 解禁
「ピンポイントアタック」攻城戦マップで使用不可 → 解禁

■ミンストレル/ワンダラー
「メランコリー」全マップで使用不可 → 解禁
「ハーモナイズ」全マップで使用不可 → PvP可能マップのみ解禁

■ジェネティック
「ソーンウォール」街・室内・攻城戦で使用不可 → 解禁
「スリングアイテム」攻城戦・ギルドダンジョン・PvP・ターボトラック(熟練モード)マップ以外で使用不可 → 解禁

■ルーンナイト
「ドラゴンブレス」攻城戦マップで使用不可 → 解禁

■修羅
「修羅身弾」攻城戦マップで使用不可 → 解禁




【ソーサラーの精霊システムテスト】
4種の精霊システムのテスト


【メカニックのロボ化】
魔導ギアスキルが大幅に強化されたとのこと。
Gvでのギア使用者が増えるのではと見られていますが、どうなるんでしょうか?w
狩りではAxTはテスト時も健在、らしいですがロボ化は明らかに今より増えるとの予想あり。
*抜粋*
”花形スキル”の「セルフディストラクション」も詠唱時間が短めになり、威力も増しているうえに、SPが200必要だった制限が解除されているとのこと。


【ギロチンクロスの強化】
攻撃スキル・・・クロスインパクトやローリングカッターなど
主要攻撃スキルがBaseLvによってさらに強化。
スキル仕様変更によっても、Gvで今後期待されてそうですね。


【ルーンナイトの軽量槍化】
スパイラルピアース
     ↓
ハンドレットスピア

らしいです。
槍重量で言えば、グロリアスが一番よさそうですが、
ハンドレットのSEを何とかしてくれないとGv中音がスゴそうですねw
*抜粋*
ロードナイトスキルの「スパイラルピアース」は現行のような超威力は出せなくなった。その代わり、単体攻撃としては「ハンドレッドスピア」が強化され、範囲攻撃としては「イグニッションブレイク」が強化されている。スキルツリー的にも単体の「ハンドレッドスピア」を選ぶか、範囲の「イグニッションブレイク」を選ぶかという選択になるだろうと山本氏。また、「スパイラルピアース」が重量が重い槍だと威力を増したのに対し、「ハンドレッドスピア」は軽い槍のほうが威力が増す。重量0のグロリアスランス[0]がベストではあるが、入手を考えると“過去の遺物”になりつつあったカード4枚挿しのパイク[4]などの復権があるのかもしれない。



【アークビショップの支援強化】
パーティー人数でも強化
クールタイムの統一化によりハイネスLv5が使い放題?
*抜粋*
範囲支援スキルが強化され、通称“範囲速度”の「カントキャンディダス」に術者のJobLv/10ぶん(1~5)の追加Agi上昇効果がプラスされる。また、通称“範囲ブレッシング”の「クレメンティア」も同様で、「ブレッシング」の効果が増強される。高レベルが使いにくかった「ハイネスヒール」はクールタイムが同じ長さに統一された。

【ジェネティック】
ホムンクルスSのテスト
新ホム(ホムSの特徴は以下の通り)
・種族は元のホムンクルスに影響されず、専用クエスト時に選択可能。
・レベル上限が150に上昇。
・ホムンクルスSはホムンクルスS自身のレベルに応じて新たなスキルを自動習得。
・以前のホムンクルスで習得していたスキルは引き継ぐ。
・以前のホムンクルスのステータスを引き継ぐ。
・ホムンクルスSになった時点で命名権が1回だけ追加。
・AIについては基本的には変わらず、AI作成者は新スキルの設定を行えばこれまで同様に作成可能。
・新たなエサを食べるようになる。


また、ADSについては、低VITのステ相手にはダメージがほとんど出なくなったようです。




【養子3次職について】
養子は転生できないので、未転成2次職からそのまま3次職になれるようです。


・養子キャラが2次職のBaseLv99、JobLv50になると転職できる3次職。
・転生を経ないので、上位2次職スキルは使えないが、3次職スキルは使用可。
・MAX HPやMAX SP、製造系の成功率低下の仕様は通常の養子に順ずる。
・最大ステータスは108までアップ可能になる。




そして最終的に・・・


今回のテストの反映時期・・つまり実装時期については
案外早めに来るそうです(´ω`)

色々調べたり準備しとく事がありそうだね~~~



***** 詳細はコチラ *****
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。